【モンスト】クシナダ攻略はマルチプレイがオススメ!募集すべきキャラやマルチプレイのメリット・デメリットをまとめました!

kusinada_maruti0

★5クシナダが手に入る「八岐ノ森の贄比女」はモンストイベントの中でも最上級に難しい降臨クエスト。
絶望的な難易度のこのクエストを自分一人でクリアしようと思っても手持ち不足で中々思う通りにいってくれません。
そんな時は、マルチプレイで攻略のキーとなるキャラに助けを求めてクシナダ攻略に挑戦してみましょう!
クシナダ攻略に必要な要素、募集すべき攻略のキーとなるキャラ、マルチプレイのメリット・デメリットをまとめてみました!

クシナダ降臨攻略に必須の要素は?

●ワープ対策を行う(アンチワープ)

●重力バリア対策を行う(アンチ重力バリア)

●火属性キャラでデッキを固める

●HPの合計値は最低ラインで85000以上を確保する

クシナダ降臨ではワープと重力バリアが大量に出現します。なので、その2つの対策(アンチ所持キャラを揃える)は攻略の上での前提条件。出現敵が全て木属性なので、この2つを持つ火属性キャラでデッキ編成を行いましょう。また、苛烈な敵の攻撃に耐え抜くためにもHP85000以上は必須です。足りない場合はヒトポタスでのタス振りを行いましょう。

マルチで募集したいキャラは?

イザナミは、アンチ重力バリア・アンチワープ(ゲージショット)を持つので、クシナダ降臨に出現するギミックに完全対応しています。また、火属性ということもあり属性面でも要件をクリア。クシナダ攻略に必須のキャラと言っても過言ではないでしょう。
一方、坂本龍馬はアンチワープこそ持たないものの、火属性でアンチ重力バリアを持っており、何よりゲージショットの木属性キラーがクシナダや道中雑魚敵に絶大な威力を発揮してくれます。号令系ストライクショットでの高ダメージも魅力的。

マルチプレイのメリット

・自分の持っていない強力キャラでクエストに臨める
・ラックボーナスの獲得数増加に期待が持てる

マルチプレイを行う最大のメリットは、クシナダ攻略の為の戦力確保が行えるという事。龍馬やイザナミを片方しか持っていない、どちらも持っていないなんて時にマルチで募集をすると、イザナミや龍馬が助けに来てくれるかもしれません。
また、もう一つのメリットが、ラックボーナスの獲得数の増加に期待が持てるという点。通常ソロプレイで行くとラックボーナスは最大2個(運極時)ですが、マルチプレイで自分を含めて全員が運極だと2個×4人=8個もラックボーナスが手に入る可能性があります。

マルチプレイのデメリット

・中々望んだキャラが集まらない
・意思疎通が取れないので望んでいない行動を取られる事がある

マルチプレイでは確かに自分の持たない強力なキャラを確保できる可能性はありますが、すぐに望んだキャラが集まるというわけではありません。全くの属性違いのキャラが来たり、冷やかしかと思う弱いキャラが来たりと希望パーティになるまでは中々骨が折れます。
なのでマルチプレイでクシナダに挑戦する前には、ある程度の忍耐が必要になってくるでしょう。
また、望みのデッキが組めていざクシナダ攻略に向かっても、油断は禁物。マルチプレイではそのキャラの持ち主が動かす為、意図していない行動が出てくることも多々あります。回復を取ってほしいタイミングで取ってもらえなかったり、逆にもっと回復ハートを育ててから取ってほしいのにすぐに取られてしまう、倒してほしい敵と違う敵を狙われてしまう、ストライクショット溜めの空打ちができないなどなど。
これに関してはマルチプレイの性質上仕方ないことですけどねヽ(;▽;)ノ

クシナダ攻略マルチプレイパーティまとめ

やっとクシナダ初クリアできました!しかしマルチでしか勝てないため まだまだ強くなる必要が
kusinada_maruti1
クシナダにクシナダで勝てたw
ノーコン・スピクリ
龍馬とクシナダの組み合わせやばいwww

kusinada_maruti2
初めてマルチでクシナダに勝った!感動だわー
スピクリも出来たし、みんなゲーム運びが良かった

kusinada_maruti3
超絶クリア初や!無課金でまだ1ヶ月ちょいしかやってないんに
kusinada_maruti4
足引っ張ってごめんなさい(泣)ゲージ下手でごめんなさいw
kusinada_maruti5

関連記事
クシナダ評価・使い道
クシナダ攻略PT一覧
クシナダ攻略ポイントまとめ
クシナダ(超絶)攻略動画
クシナダ攻略に使えるキャラ
クシナダスピクリ必須キャラ
クシナダ運極必要周回数
クシナダ降臨ステージ別攻略法・注意点


サブコンテンツ

携帯からチェック!

参加ランキング





にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ

このページの先頭へ