【モンスト】始皇帝攻略に使えるオススメキャラ紹介!

始皇帝攻略に使えるオススメキャラ紹介!

水属性☆5キャラの始皇帝がゲットできる降臨クエスト「万里を翔る蒼龍」で必要な攻略情報をまとめました!クエスト基本情報から攻略に使えるオススメキャラなどをまとめているので、是非参考にしてください!

始皇帝降臨クエスト基本情報

始皇帝の詳しい攻略情報はこちらからどうぞ!

必要スタミナ数 究極:50
極:35
雑魚の属性
ボスの属性
ボスの種族
(進化前)
亜人族
ボスの種族
(進化後)
ドラゴン族
ボスのアビリティー 魔族キラーM
出現ギミック ワープ地雷からくりブロック、ブロック、敵回復、蘇生
スピクリターン数 27ターン

始皇帝のボス戦攻撃パターン

ボス1戦の攻撃パターン
始皇帝
右上
2ターン
ホーミング
全体約12000ダメージ
左上
5ターン
Xレーザー
1体ヒット約6000ダメージ
11ターン
Xレーザー(水属性)+
十字レーザー(光属性)
1体ヒット約10000ダメージ
左下
4ターン
【要注意】ロックオンレーザー
1体ヒット約7500ダメージ

※実際のダメージは敵の怒り状態や、属性相性の倍率により変化します。

ボス2、3戦の攻撃パターン
始皇帝
右上
2ターン
ホーミング
全体約12000ダメージ
左上
5ターン
Xレーザー
1体ヒット約6000ダメージ
11ターン
Xレーザー(水属性)+
十字レーザー(光属性)
1体ヒット約10000ダメージ
左下
8ターン
蘇生

※実際のダメージは敵の怒り状態や、属性相性の倍率により変化します。

始皇帝攻略に使えるオススメモンスター

武蔵坊弁慶
武蔵坊弁慶(神化)
反射タイプ、MS+AW。
壁ドンSSがボス戦で非常に強力。
ブロックを利用して超火力が狙える。
摩利支天
摩利支天
反射タイプ、MS+AW/回復S。
回復Sで道中のHP管理が楽になる。
エメラルド
エメラルド(神化)
反射タイプ、飛行/AW+アンチブロック。
16ターンの乱打SSは弱点ヒットで
ボスに150万以上のダメージ。
ガリバー
ガリバー(神化)
反射タイプ、飛行/AW。
ショットガンで雑魚処理が可能。
ボス隣接時に発動すれば強ボスにも有効。
ローレライ
ローレライ(神化)
貫通タイプ、MS+AW。
友情で雑魚の処理が可能。
メテオSSは騎士を巻き込んで使おう。
妲己
妲己(進化)
反射タイプ、MS+AW。
爆発SSはボスと壁の間で使えば強力。
ルシファー
ルシファー(神化)
反射タイプ、バリア。
道中は雑魚処理の固定砲台として。
ボス戦は号令SSで雑魚、ボスに大打撃。
ツクヨミ
ツクヨミ
貫通タイプ、MS+AW。
回復乱打SSが緊急時に役立つ。
劉備
劉備(神化)
反射タイプ、AW。
号令SSでボス戦の雑魚を一掃可能。
短距離拡散弾は雑魚処理できる。
大黒天
大黒天(神化)
反射タイプ、AW。
電撃で雑魚処理が強力。
徳川慶喜
徳川慶喜(進化)
※地雷に注意
反射タイプ、AW。
貫通変化SSで弱点往復すれば
ボスに大ダメージを与えることが可能。

始皇帝降臨クエスト情報まとめ

始皇帝降臨ワープと地雷のギミックが出現します、ワープがかなり多いのでアンチワープ持ちのキャラで固めるようにしましょう!地雷のダメージは3000程度ですが、まとめて踏んでしまう事もあるのでマインスイーパー持ちのキャラも編成しておきましょう!ボスも始皇帝は魔族キラーMを持っているので、ベルフェゴールなどの魔族キャラは編成しないように注意しましょう!敵の攻撃の中にボム投下の攻撃があります。このボムの位置は各ステージ毎に決まっているので、当たらない配置に注意しよう!どのステージでも騎士がボムを投下してくるので最優先に処理するようにしましょう!
無課金キャラでオススメなのは、摩利支天、クシナダ、ツクヨミ、大黒天、セイレーン、エメラルドドラゴン、徳川慶喜、張角、チタン元帥などが活躍できるので是非編成して攻略してみましょう!

始皇帝の詳しい攻略情報はこちらからどうぞ!

始皇帝詳細ステータス

関連記事
始皇帝降臨!攻略にあたっての注意点!
始皇帝降臨の立ち回りと適正キャラ紹介!
始皇帝(究極)攻略ポイントまとめ
始皇帝攻略!みんなの攻略パーティーまとめ
始皇帝降臨のギミックが判明!
新降臨「始皇帝」が大人気!?運極絶対作る!!
始皇帝の評価!進化or神化どっちがオススメ?
始皇帝のせいで使徒ラー運極は完全に死亡!?
始皇帝のステータス判明!
「魔法学園ジュエルズ」イベクエキャラステータスまとめ
「魔法学園ジュエルズ」ガチャ限キャラステータスまとめ


 この記事にコメントする 



コメントを残す

サブコンテンツ

携帯からチェック!

参加ランキング





にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ

このページの先頭へ